良妻の仮面をかぶったSM嬢(大阪府大阪市 20代 専業主婦)

旦那は亭主関白。ITコンサル会社で働くエリートサラリーマンで、年収も1000万超え。何不自由のない暮らしをさせてもらってることには感謝してますし、私は、やまとなでしこな良き妻として、旦那に尽くしました。口論になっても、いつも「俺が正しい」という態度。ストレスはあったけど、彼のこと愛してたから、私が折れたらいい、我慢すればいいと思ってました。下着まで彼の趣味に合わせて、真っ白な清楚なものばかり……。旦那には隠してきたけど、私は派手好きなんです。本当は、赤や黒の奇抜なランジェリーを身につけたいんです。性生活も彼のペースに合わせてM女を演じてたけど、私は……違う。疲れちゃった。我慢の限界。結婚1年目、学生時代に働いたキャバクラで出会った親友からの紹介で、欲求不満解消クラブ[大阪・神戸・京都版]に登録。大阪は十三のSMクラブに入店することにしました。やってみたかったんです、女王様(笑)真面目で清楚な良妻の仮面を剥ぎ取って、変態なお客様にイタズラしてるのが楽しくて仕方ありません。自分はドS女だと再確認しました。Tバック、網タイツ、ボンテージ、ガーター……。ストレスと性癖を満たす非日常空間「SMクラブ」が愛おしいです。実生活でも、旦那に縛りやムチを使いたくなる自分の欲求を抑えるのもまた、スリルがあって楽しい(笑)