旦那の精神的DVからギャンブルに走る(尼崎市 20代 フリーター)

夜な夜な同僚とクラブやキャバクラ通う旦那。酔っ払って帰ってきて、ソファーで爆睡。愛人がいることも知ってます。シラフのときは私に対して超塩対応で、口を開いたかと思えば、「色気が足りない」とか「もっとうまい飯作れ」とか批判や侮辱ばっかり。精神的DV、家庭内暴力ってやつです。我慢も限界でしたが、離婚する勇気もないし、誰かに相談するのも恥ずかしい。そこで旦那に溜まったストレスを発散すべくギャンブルをはじめた私。フィーバーしてるときの精神的高揚っていうか、アドレナリンやドーパミンが分泌しまくってる感じが気持ちよくて、尼崎や西宮のパチスロ店通い。コールセンター・オペレーターのアルバイトで稼いだ給料をすべてつぎ込む始末。貯金も底を突き、ある日、「審査なしで即日融資可能」という触れ込みのカードローンでキャッシング。今すぐお金を借りたいという思いで手を出してしまったことに後悔。まさかの借金地獄に陥って、身も心もボロボロ……。カウンセリングに行ったところ、ギャンブル依存症の一歩手前だと言われてしまいました。もっと早く誰かに相談すればよかった。現在は、旦那と離婚してバツイチ独身のアラサー女子です。2年間勤めたオペレーターの仕事は辞めて、大阪ミナミの高級デリヘル店で働いてます。今はとにかく稼ぐことだけに集中。